釣りをはじめてみましょう ルアーフィッシング

こんにちは Kunihiroです!
釣りをはじめてみませんか?

このブログでは

  • 初めて釣りをする方
  • これから釣りをはじめてみようと思っている方

に、私の、釣り情報をお伝えしていきます。

初心者の時に、私が、わからなかったこと

何から、はじめればいいのか?

道具は?

場所は?

服装って?

etc

といったことをお話ししていきたいと思います。

 

超初心者、入門者の方にむけて、いろんな疑問にお答えしながら

楽しく釣りを始めていただきたい

そして、釣りの中でも、ルアーフィッシングの面白さを知っていただきたいと

釣りが大好きなKunihiroの経験をお話し、お伝えしていきます。

どうぞ、最後まで楽しんで、読み進めてみてください。
そして、ルアーフィッシングを始めてみましょう!

ルアーフィッシングってなに?

まずはじめに、そもそも、ルアーフィッシングってなんでしょう?

釣りには、大きく分けて、餌釣りと、ルアー釣りがあります。

餌釣りは、針に餌をつけたり、または、餌に針をつけたりと、魚が普段、食べているのもを食べさせて、釣る方法です。

ルアー釣りは、疑似餌と呼ばれる、魚が普段食べている餌に、似せてつくられた金属、プラスチック、木製のものに、針をつけて、これを捕食させて、釣る方法です。擬餌針とも言われます。

このルアーフィッシングは、餌釣りのように餌をつけて、じっと待つ方法とは違い、スポーツをするかのように、体を動かしルアーを、まるで生きている餌のようにみせて、魚を釣ります。そのため、スポーツフィッシング、また、駆け引きといったゲーム性も高いことからゲームフィッシングとも呼ばれています。

使用する道具は、タックル
竿はロッド
糸はライン
針はフックなどと、英語呼びするのもかっこいいですね。

ロッドアクションでルアーを操り、どこにいるのか探り誘い出し、いかに魚をだまして捕食させ
この魚との駆け引きが、たまらない醍醐味です。

これに私は、はまってしまいました!

ルアーってなに?

ルアーとは、先ほども述べましたが、疑似餌です。ルアーには、様々な、種類があります。
分類としては、
ハードルアーソフトルアーです。

また、ソルト用淡水用があります。

ターゲットとなる魚や使う場所によって使い分けます。

ルアーの起源は、湖でスプーンを落としたところ、キラキラと揺らめきながら沈んでいくスプーンに魚が寄ってきて、追いかけていったのを見て考案したとされています。
なんとも、面白いはじまりですね。

現在のルアーは、魚にリアルに似せて作られたもの、魚とは全く別もの、ヘビやカエルなんてのもあります。
イカ釣り(エギング)用には、エビに似せたものもあり、また餌とは思えないようなものまであります。
これは、捕食のためではなく、縄張りや、威嚇による攻撃とされています。

色もとても、カラフルです。レッド、ゴールド、シルバー、グリーンやラメの入ったものもあります。天候や水質によって使い分けます。

あまりに多すぎて、はじめから、覚えられないにで、このくらいの予備知識でいいと思います。

わたしも、多すぎて、これ何?なんてのもたくさんあるので、興味があるものを、いろいろ調べてみるのもいいと思います。

道具はなにがいるの?

魚とのやり取り、駆け引き、ルアーを、操る楽しさ、自然の中に身を置いて、集中できる時間を作り出せる、ルアーフィッシング

興味がわいてきましたら、さっそく道具(タックル)をそろえてみましょう。

海釣り、川釣り、バス釣りとか、ありますが。。。
ここでは、釣って楽しい、釣った魚を、食べて美味しい、海釣りを選んでみましょう!

と、いうことで釣具屋さんへ

初めて、釣り道具を使ってみよう、買ってみようと思い、釣り具屋さんへいくと、その種類は星の数ほどあるように思えます。
私も、初めて釣具屋さんへ行ったときは、何よりもまず、数の多さにおどろきましたし、それより、釣具屋さんへ入ること自体、未知の世界に足を踏み入れる勇気がいりました。
何事も、はじめてのことは、ドキドキ。。。でも、わくわくして楽しくなってきます。

で、買うべきものは、
ロッド
リール
ライン
ルアー
これだけで、OKです!

これらに。付随するものも、ありますが、あとは、あれば便利。。。
というようなものなので、使っているうちに、必要とおもわれるものを買い足していきましょう。
まずは手軽に、始めるには、これだけあればいいでしょう。

どんなロッドがいいの?

初めての、一本なら、いろんなものに使えるロッドがおすすめです。

それは、ずばり、シーバスロッドです。
名前からすると、シーバス(スズキ)しか、狙えないの?
と、思われるかもしれませんが、そんなことはありません。
タチウオ、根魚、エギングもできます、何ならエサ釣りもOKです。

サビキ釣りという、細かい餌をかごに入れて、寄ってくるアジやイワシを釣る方法がありますが、こんなことまで、できてしまう便利な一本です。

長さは、8.6フィート(約2.5メーター)くらいのものが、取り回しもしやすくて、使いやすいです。
短いロッドは、船で使うもので、長いものは遠投用で、浜辺から、投げるのに適しています

ロッドの硬さというのもあって、投げられるルアーの重さによって、使い分けますが、MかMLという表示のものがいいでしょう。
やわらかいロッドは、アタリといって、魚がかかる感触をつかみやすいですし、
硬いロッドは、エギングやジギングをするときの動作でシャクリといって、ロッドを、大きく素早く上下に動かせることをします。
こういう使い方を、するのであれば、硬めのロッドがいいでしょう。

あと、ガイドと言って、ラインを通す、わっかの部分ですが、最近PEラインという繊維でできたラインがあるのですが、引っ張りに強いが、擦れの弱いという特性があります。
このためガイドはPEライン使用になっているものがおすすめです。

ロッドの値段は上をみれば、きりがないですが、1万円前後のものが、はじめての一本には適していると思います。

ロッドの規格についてはアドバイスさせていただきました。
あとは、実際に、手に取って、ロッドを振ってみてください。
しっくりくる、ご自身の感覚が選ぶ基準です!

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?
ルアーフィッシングの楽しさを、少しでも感じていただけましたでしょうか?
始めてみようと、思っていただけました、でしょうか?

次回は、道具はなにがいるの?。。。の続編とルアーの魅力を、お伝えしていきたいと思います。
最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました。

では、また次回 Kunihiro でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました